某月某日!!

日常のこと。音楽、本、散歩のことなど

雑記

ハンドクリームの塗布と手洗いのせめぎ合い。

 

ども、コバチヨです。

 

どちらも抜かりなくやろうにも不可能じゃないの?

 

■2020年2月1回目の近況

 

先週末に、念願の、念願の大衆焼肉本店に食べに行くことが出来た。

tabelog.com

平塚に越してきて10年、やっと平塚の大衆焼肉の店全部で食べることが出来たからとても嬉しい。

平塚には他に”支店”、”どさん娘”の2店舗があり、いつもいずれかに食べに行っているのだけど、本店はいつ行っても満員で、”支店”か”どさん娘”の席が空いているどちらかの店舗に行くという感じだったので、まさに”悲願”であったのはいうまでもない。

大衆焼肉の売りは、看板にも書いてあるジンギスカン350円なのだけど、本店ではジンギスカンと並び、おじさんたちが頼んでいたのはニンニクすりおろしがたっぷり入ったチートだったな。チートはおそらく巷の居酒屋で”ミミガー”と呼ばれるものと同じものなんだろうけど、おじさんじゃないと注文できそうにもないワイルドなメニューだったなぁ~。(ニンニクがたっぷり入っているから2日位はにおいが取れないのではないだろうか)

正直、客各々が、ビール等のど越しのいい酒を飲みながら、肉を焼いて食べる事に没頭するための店で、洒落っ気はまるきし無いし、ひっきりなしにお客さんがやってくるから、長居させようだなんて思ってもいなさそうな店内なのだけど、食べている最中はまさに天国この上ないもので、大食漢であったならば、この幸福極まりない状態がずっとずっと続くのになと思うのだけど、年々食べられなくなってきているから泣く泣く店を出たわけだ。店を出る頃には上着が肉を焼く煙に燻されてしまい、上着のにおいをかいではジンギスカンの味を反芻しながら家路についたものだ。またいつか行けたらいいけど、これだけは神のみぞしるもんな。食べてる間も何件か予約の問い合わせの電話が鳴っていたしさ。でも、家族連れとか女子会には全然優しくなさそうなお店なので、おじさんで、一人で肉を沢山焼いて食べたいという人ならおすすめする。わかってもらえるかどうかわからないけれど、東陽片岡さんの漫画に出てきそうな飲み屋の雰囲気がとてもするんだよな。もしくは、今は亡き、土屋世紀の初期の漫画で主人公が殴り合いの喧嘩でもしてそうな飲み屋というのかさ。(読んでた漫画が偏りすぎるだろー)

あと、お皿がプラスチックというのがたまらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雑記

徳用チロルチョコをオラにくれ!

 

ども、コバチヨです。

 

■節分がくると思い出す事

 

子供の頃に茨城県西部という、茨城なんだか、栃木なんだかよくわからない地域に住んでいた人間にとって節分という日は、ある意味恐怖の日だった。

節分の日に、”しもつかれ”(”すみつかれ”とも言う)という郷土料理を食べる風習があるのだけど、大好きな人は大好きらしいのだが、嫌いな人間からすると「この料理を考案した奴、なんて料理を考案してくれたんだ!」と怒鳴りたくなるくらい不味く感じられるからだ。

故・立川談志が作る闇鍋カレー*1を選ぶか、”しもつかれ”を選ぶか、それくらい究極の選択を強いられる食べ物だと自分は思っている。

クックパッドなどで検索してもらえれば納得してもらえるかもしれないが、材料に酒粕、大豆、鬼おろしでおろした粗い大根おろし、鮭の頭のほぐしたもの等を使うのだけど、できたての”しもつかれ”の鍋が置かれたガスコンロから5メートル離れたところでも「しもつかれがある」と気づくくらい、しもつかれの匂いが漂ってくるのである。まぁ、考えてごらんよ、酒粕大根おろしの組み合わせ、どう考えてもまぜるな危険というものじゃないか!ただでさえ、大根おろしを加熱するだけですごい匂いになるというのに。

おまけに、年に1回のイベント料理ということもあり、近隣に親類・知人の多い主婦の家には、近所の主婦からおすそわけでもらった、いくつものタッパに入れられた”しもつかれ”が集まってくるわけで、好きな人なら楽しい味見の時間なのかもしれないが、嫌いな人間からしたら、節分から数日くらいは、”しもつかれ”がふるまわれない場所に避難したくもなるわけなのだ。

消化の良い大根も沢山入っているし、体をあたためてくれる酒粕も入っているから間違いなく体には良い食べ物なんだろうけど、嫌いだと”しもつかれ”がただ食卓にあがっているだけで嫌悪の表情になる食べ物だったから、節分をやりすごすのが大変だったのを故郷を離れて何十年もたつのに思い出す。

ちなみに、自分が住んでいた地域の謎の食風習だけど、他にもお正月になると、新巻鮭の焼いたものを焼いた餅に巻いて食べるとか、彼岸になると炊き立てごはんに、まるで海苔の佃煮のように、スプーンですくったこしあんを乗っけて食べるというものがある。

 

 

 

 

 

*1:弁当の残り、冷蔵庫の中にある在庫処分目的で作られ、シュークリームなどの洋菓子さえも容赦なくぶち込まれるのだという

音楽のこと

寒さに裏切られて。

 

ども、コバチヨです。

 

■家主「生活の礎」

 

生活の礎

生活の礎

  • 発売日: 2019/12/18
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 


家主(YANUSHI) "家主のテーマ(The Theme)" Official Music Video

 

シンガーソングライター・田中ヤコブさんのいるロックバンドなんだという。

去年の12月にアルバム「生活の礎」がリリースされたのだけど、このアルバムを聴くと、なぜだか頭に蘇るのは、90年代後半くらいの日本のロックバンドの鳴らす音だったりする。

くるりaikoサニーデイサービスを彷彿させる甘く切ない曲もあるのだけど、メロディーを引き立てる気の利いたアレンジじゃない、ドが付くストレートなバンドサウンドで鳴らしてしまうあたり、潔さが感じられてたまらないんだよな。かなり荒いバンドサウンドだけど、人懐こいメロディーが表に出てきてしまうから敢えて全編バンド演奏で通しているのかもしれないけれども。

ここまで見事なロックアルバムを出してきたわけだから、今年の夏のロックフェスに引っ張りだこなのだろうけど、ビール片手に揺れるオッサンどもが会場を埋め尽くす未来が容易に浮かぶし、とっとと日本の音楽好きに早く見つかってくれ!できれば日本周辺国でも!

ただ、田中ヤコブ、家主としてではなく、誰かの楽曲提供などで凝ったアレンジになったものも聞いてみたいなとは思う。

久々にしびれるロックバンドに出会えてよかった。

それと、レーベル名NEW FORK覚えとこう。遅すぎるかもだけどさ。

雑記

月末だった。

 

ども、コバチヨです。

 

■2020年1月2回目の近況

 

例年通り、寒さにやられて家にいる時間が多かった。

ある程度お金を出さないと、有意義な情報は得られないし、粗悪な情報ばかり掴まされてしまうこともわかっているのだけど、youtuberの動画という沼にハマってしまったりしていた。正直、体がろくに動かないお年寄りが、朝起きて寝るまでテレビをつけっぱなしにしてワイドショーやら「三匹が斬る」とか「暴れん坊将軍」を見てるようなもんで、本当にどうしようもないのもわかっているのだけども。

散歩も何度か長丁場の散歩に出かけたものの、知らない街を一人でブラブラあるくのは意外に緊張するもので、体は全然草臥れていないのだけど、翌日家から出られなかったりして己の気持ちの弱さに呆れたりする。

 

そういえば、先週あたりから中国由来のコロナウィルス肺炎の感染に関するニュースが継続的に報じられている。

よりによってインフルエンザや花粉症、黄砂とマスクが欠かせない時期に今回の感染騒ぎで、マスクも買えない状態になったら本当に困るし、昔オイルショックの時に起こったトイレットペーパー買い占め騒動の二の舞になりそうだから不安なのだ。マスクを大量買いをしようとしている人達が我こそはと買い占める様子だとか、マスクを大量買いした人のインタビューが何十年も使いまわされる未来が容易に浮かぶ。

自分に出来ることは、感染の大規模化の回避と早期の収束をせっせとお祈りするしかないけれど、祈る事しか全然思いつかないもんなぁ~。

 

それ以外の事だと、本を読む癖をつけようと試行錯誤しているところ。

以前は電車に乗ることが読書のトリガーになっていたのだけど、終日家にいるとトリガーになるような事が本当に無くて、本を手に持つことさえもしないで1日が終わる事も少なくないことに気づいたからだ。

とりあえず、いつも飲んでいるお湯じゃなくて、コーヒーを作って飲むことをトリガーにしてみようとしたりしたけれど、それも上手くいかないし、地道に試行錯誤してみようと思う。

ちなみに今読んでいるのは、平田オリザさんの「わからないことから」と、竹中労さんの「決定版ルポライター事始」と串田孫一さんの「ギリシア神話」の3冊。

ジャンルは違うのだけど、どれも読んでいて吸い込まれる本で、今月の自分はどうも引きが強いみたい。

 

 

 

決定版ルポライター事始 (ちくま文庫)

決定版ルポライター事始 (ちくま文庫)

 

 

 

ギリシア神話 (ちくま文庫)

ギリシア神話 (ちくま文庫)

 

「わかりあえないことから」は、コミュニケーションについて深く掘り下げる本で、今読んでいる中で面白かったのは、平田さんが大阪大学石黒浩さんと執筆当時に進めているという、ロボットに人間らしさを加えるには何が必要なのかという話し合いの中で、認知心理学の先生が言った「行為をする時の無駄な動作が人間らしさを醸し出すんだ」という件りが興味深かった。

 

ルポライター事始」は、竹中労さんの自伝というか集大成の意味合いの強い本で、最初からびっくりするような事ばかり記されていて引き込まれてしまう。

 

ギリシア神話」に関しては、中年になるというのに子供の頃にテレビで見た吾妻ひでおさん原作のアニメ「おちゃめ神物語コロコロポロン」以降、全然接点がなかったのでなんとなく読んでみたら、神様が皆テキトーに暮らしていて、おまけに自分に都合の悪いことがあると隠ぺいすることもザラだし、人間以上に人間人間しているのが読んでいて楽しい。ゼウスは、東出君よりも、もっともっとひどい奴だし、今この世に人として生きていたら人生潰されちゃうタイプだなとも思った。神様でよかったと思うよ。

 

今月は、雑誌を買えなかったけれど、来月は何かしらの「雑誌のこと」書くつもり。

今月はぐだぐだでした。

 

#ドライブと音楽

トヨタの車、低音つよめー。

 

ども、コバチヨです。

 

#ドライブと音楽

 

久々にお題ブログを書いてみる。

 

数年前に家族が車に乗るようになってからというもの、車で出かける時は音楽やラジオを聴くのが、月1、2回のお楽しみだったりする。

神奈川県の道路事情が特殊なのかどうかわからないのだけれども、横浜から平塚までの約38キロ位の道のりが、早くて2時間、渋滞があると4時間近くかかることもあって、車の中で音楽でも聴かないと間が持たないというのが正直な所だったりする。

日頃、自分がぶらぶら歩く国道1号線は、神奈川県の区間は狩場インターなどを筆頭に、朝と夕方必ず渋滞が起こるし、起こらないほうがおかしいといわんばかりだったりするのだけれども、神奈川県を出ると、渋滞とは無縁の、高速道路の代替手段で使われている印象もある位、スムースに流れるのを知っているから、渋滞を見越して間を持たせる手段に音楽を聴くのはどうかと思うのだけど、神奈川県には国道1号線くらいしか車を走らせる道路なんかないから仕方がない。神奈川県外からドライブに来た人にはさぞかし、40キロの道のりが3時間もかかるだなんて信じられないと思われるだろうが、神奈川県に住んでいると当たり前だし、40キロの道のりが1時間位しかかからない方が異常だと神奈川県民は常に思っているんだ。神奈川県においては、車に乗る=時間を湯水のように使うようなもんなんだよ。東名高速だって、神奈川県に入るとどこのインターチェンジもほぼ毎日渋滞しているもんね。

そんなわけで、ドライブ音楽とは無縁の、間を持たせるためのリスニング時間を過ごすわけなのだけど、サブスクリプションで新譜を聞いたり、ラジコでお気に入りのラジオ番組をチェックしたり、ドライブだけど、家にいる延長の選択になりがちになってしまう。ドライブ=特別な時間を彩るものだと思ったりもするのだけど、渋滞のイライラを紛らわせるとなると、新譜のチェックだとか、ラジオで新旧のグッドミュージックでも聴くしか無いものさ。

 

というわけで、車の中で聴いているラジオの音楽番組を挙げていきます。

スマートフォンを持っている人がいたらラジコは必須!

 

radiko.jp

 

スマートフォンの操作は運転前や停車時に行ってください。

 

●最新の音楽を流すラジオ番組

〇ファンキー・フライデー

FUNKY FRIDAY FM NACK5 79.5MHz エフエムナックファイブ

 

FM79.5の番組。

ラジオの伝説・小林克也さんがお届けする9時間にわたるワイド番組。

アメリカのラジオ局のワイド番組を踏襲した内容らしい。

番組の前半は、番組独自の最新ランキング(ほぼJ-POP)なんだけど、中盤以降はリスナーと電話でお話しするコーナーもあるし、いい意味で”いつもの小林克也の番組”なのがすごい。週1なのも丁度いいんだと思う。

 

〇JAZZ ain't jazz

 

www.interfm.co.jp

 

インターFMの番組。

基本的にジャズを推しているものの、ディスコものも流してくれる番組。

沖野修也さんの軽妙なおしゃべりもいい。

 

〇ウィークエンド・サンシャイン

www4.nhk.or.jp

NHK-FMの長寿番組。

選曲は、ブルースが根底にあるような音楽が多く、結構渋め。

何を聴いても4,50年前のような雰囲気もあるけれど、新譜も積極的に紹介している番組だったりします。

 

 

●懐かしの音楽系ラジオ番組

 

クリス松村の「いい音楽あります。」

www.jorf.co.jp

ラジオ日本の番組

1970年~1989年(?)の中の1年のある月にリリースされた邦楽・洋楽の楽曲から選曲し、A面とB面に分けて流すタイルの番組です。

たまに特集を組む事もあるのですが、ライブ特集の選曲が本当に良いのでおすすめ。

 

タブレット純音楽の黄金時代

www.jorf.co.jp

ラジオ日本の番組。

アラフィフなのに、まるで清楚系女性アイドルのラジオ番組を彷彿させる、ふわふわした口調のタブレット純さんの声に癒される番組です。

選曲はタブレットさんによるもので、GS歌謡、ムード歌謡、フォークソングがかかります。たまにゲストも来るのですが、マニアックな人選すぎて何者なのかさっぱりわからない時もあります。(自分が勉強不足なのもありますが)

 

〇ディスカバー・マイケル

www4.nhk.or.jp

 

NHK-FMの3月までの限定番組。

マイケルジャクソンの楽曲について、西寺郷太さんが詳しく解説してくれる番組です。

近いうちに「今日は一日マイケル三昧」、やってもらいたいなー。

※聞き逃しは、NHKラジオアプリ”らじるらじる”での配信のみになっているようです。

 

 

 

 

音楽好きならどれも知られている番組だと思います。

 

 

 

カエライフ×はてなブログ 特別お題キャンペーン #ドライブと音楽

カエライフ×はてなブログ 特別お題キャンペーン #ドライブと音楽
by ホンダアクセス

脂は旨い

代謝の悪さは諦めている。

もう若くもないし、地獄の門まで一直線だし。

 

ども、コバチヨです。

 

■脂は旨い

年を取って良かったことなんかあんまり無いし、油断をしていると体に悪い事ばかり覚えていくばかりだったりするのだけど、ここ数年本当に酷い。だけど、家族でも何でもない誰かに命の危険を突き付けられるまでは恐らくやめられやしない。食事を自力でまともに取れる時間なんか、そんなに無いし、わがままはなるべく通したいものなんだ。

ここ数年、ほんのちょっとだけだけど、収入の増えた分を全部肉に変えては貪り食らう生活をしている。といっても、外食チェーンや旨い飲食店に貢いでいるというわけでもなく、グラム100~200円位のオーストラリア産やらアメリカ産のステーキ肉を買ってみたりだとか、グラム89~98円国産の豚肩ロースの塊肉、グラム89円の鶏もも肉なんかを買って帰り、食べやすい大きさに切ってフライパンで焼いて食べるだけなのだけど、今まで脂の少ない肉ばかりストイックに食べてきたから全然脂の旨さがわからないまま生きてきたのだけど、脂の旨さが去年あたりから分かるようになってきた。

長い間、贅沢だと思っていた、目いっぱいのスライスされた豚バラ肉を野菜とともに鍋で食べるよりも、塊を買ってきて角煮にした方が脂のジューシーさをより一層感じられることもわかったし、豚バラ肉をザックリと切って八角と醤油などで煮て作る魯肉飯のたれをビシャビシャになるまでご飯にかけて食べた時の、脂を楽しむ感じなんかも最高だもんな。

鶏もも肉を切って塩と酒を入れてもみ込んといで、フライパンで焼いたのも脂のジューシーさがダイレクトに伝わって大好きだけど、もっと好きなのは、鶏もも肉の皮を弱火でジワジワ焼いてカリカリに焼いたやつ。皮を焼いた後に大量の脂が出るのだけど、それを入れて作るスープだとか、具沢山田舎そばのツユなんか、鶏の油の旨味が野菜やツユにしみこんでいて満足感が半端ない。

沢山脂の浮いているラーメンも以前はあんまりそそられなかったのだけど、脂の沢山浮いているラーメンが今では尊いなと思うようになってきたし。

自力で食べられる時間は意外に短いもんさ、限りある時間を使って脂を楽もうぜ。

 

 

 

 

雑記

うまい饅頭の銘柄が定まらない。

 

ども、コバチヨです。

 

■2020年1月1回目の近況

2019年をなんとか生きて、2020年にたどりついたわけだけど、年季の入ったダメな感じを漂わせながら、周りはさっそうと街を駆け抜けてゆくというのに、ただ一人ボロボロになった上下をさらにボロボロにさせながら、どこへ行けばいいのか戸惑いながら、街をノロノロノロノロと、ずっとずっと匍匐前進で前に進むしかなさそうだ。月日とは、ひたすらに前に進もうとしていると過ぎ去ってしまうものさ。そうやってやりすごすしか、今の自分には道はない。

 

というわけで、年末年始の事を書かなくちゃいけないのだけれども、とにかくラジオを聞いて終わってしまった。

いつもラジオを聞いてはいるのだけど、年末はラジオさえもつけられず、ぼんやりしているのがやっとだったので、いろんな手を使い、久々の神回といわれる「2019年M-1グランプリ」にまつわるトークを聴いていたわけなのだけど、お笑いにかかわる人のM-1グランプリへの思い入れの強さを毎年思い知らされる。個人的にアツいなと思ったのは「高田文夫ラジオビバリー昼ズ」の12月26日放送分でのナイツと中川家清水ミチコさんのやりとりで、ナイツ・塙さんと中川家・礼二さんはM-1の審査員だったこともあって話しておかなくてはいけない部分もあったのだろうけど、いろいろ聞くことが出来て楽しかった。それと、12月25日の「佐久間宣行のオールナイトニッポン0」でのオープニングトークも良かったんだよなー。

あと、いろんなラジオ番組でオール巨人師匠のM-1グランプリでのエピソードがネタにされていて、それも良かった。(ダイアン・津田さんの巨人師匠の再現物まね爆笑してしまった)

それ以外で面白かったのは、12月29日放送のNHK-FM「ディスカバーマイケル ウィンターフェス」で、マイケル・ジャクソンのアルバムごとの楽曲人気投票で、1位の曲が大ヒット曲じゃないあたりに、”ガチの音楽マニアの集う場所・NHK-FM”らしさが出ていてニヤニヤしてしまった。

一番笑ったのは、ダントツで鬼越トマホークがゲストだった、12月31日放送の「火曜JUNK爆笑問題カーボーイ」だったな。

鬼越トマホークというコンビ名は何年も前から知っていたものの、どんな人たちなのかわからないまま生きてきて、2020年になってどんな芸人なのか唐突に知ったわけなのだが、定期的に現れては、毒舌で無茶苦茶笑わせてほしい人たちだったし、爆笑問題との相性が良すぎて聴いている間ずっとずっと楽しい時間だった。「金ちゃんは、ウーチャカ」というくだりくだりは、黙ってうなずくしかなかったんだ。

 

それ以外だと、去年の終わり位にsportifyに上がった楽曲など聞いていたのだけど、カニエ・ウエストが関わるSunday Survice Choirというゴスペルグループのアルバムが良くて、何回も繰り返し聞いたりしていた。90年代のR&B風なのが良かったからかも。

 


Sunday Service Choir - Rain (Audio)

 

他は、Free Nationalsというアンダーソン・パークのバンドのアルバムも良かった。70年代のR&Bフュージョンといった、懐メロ要素があるから惹かれたのだろうけど。

エリック・ゲイルみたいなギターを弾いている人、何者なのさ?


Free Nationals, Mac Miller, Kali Uchis - Time (Official Video)

 

日本人だと、小袋成彬さんの新作、あと荒田洸さんとCharaさんのコラボ作が良かったんだ。荒田洸さんソロ作の「Apartment」という曲も良かったよ。


Hikaru Arata - Apartment (Official Music Video)

 

とか書きつつ、「オールナイトニッポン0」のリスナーを裏切らない井口理さんを拝むべく、youtubeで何度も何度もKing Gnuの「Teenage Forever」を見てしまう1月上旬だったりするわけだ。


King Gnu - Teenager Forever

 

深夜ラジオを聴くオッサンのお金の使い方は、やっぱこうでなくっちゃという見本。

 

どうしようもないけれど、こんなかんじ。