読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某月某日!!

日常のこと。音楽、本、散歩のことなど

音楽のこと

音楽

秋晴れだ。

 

ども、コバチヨです。

 

■ガッキーに一目惚れした

 

www.youtube.com

 

提灯記事が多くて、本当に人気なのかどうか私は未だに疑心暗鬼なんだけど、テレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の評判がいいらしい。

私は、ドラマ本編を見たことがない。

ただ、ネットニュースでやたらと持ち上げられたガッキーこと、新垣結衣さんが踊る”恋ダンス”が可愛すぎるという記事をまんまと鵜吞みにしてyoutubeで”恋ダンス”を見たらガッキーにすっかり一目惚れしてしまった。恋に落ちたの何年ぶりだよ、前回は17歳の頃(限定する!)の渡辺麻友だぜ?(物凄い脱線)

リーガル・ハイ」の黛君役の時の、リクルートスーツにソックス+パンプス姿のガッキーを、まるで(架空の)近所の幼馴染の女の子みたいな感じで見事にスルーしてたのに、”恋ダンス”のやたらめたら初々しい新妻姿で、こうなるとは、スタイリングの魔法というのは恐ろしいものなんだなと世の中のスタイリストにただならぬ戦慄をを覚えたわけだ。

ガッキーがあんなに可愛いんだもん、たとえ契約結婚だろうが、あんなに初々しい新妻がいたらと思うと人生頑張らなくちゃとなるさ、フルスロットルモードになるさ。

 

って、ガッキーが可愛いというのはゆるぎない事実なわけであるし(とはいえ、趣味嗜好は人それぞれなので一概には言えないが)、楽曲「恋」の事について書かなくてはならない。

前作「イエロー・ダンサー」の延長線上にある楽曲として書かれたのか、ディスコ調の楽曲に東洋的な音の要素を織り込んでみたり、後半のギターとベースの早弾きパートのようなカントリー要素を織り込んでみたり、無国籍感を漂わせるアレンジの楽曲=サケロック時代の星野源らしさみたいなものが前面にあり、それが星野源の独自性の一つになってもいるのだけれども、踊れる曲ならまっすぐ踊れる曲のアレンジでやればいいのになと思ってしまったりするわけで、もう十分売れっ子なんだし、サケロック時代の星野源らしさをアレンジに無理に織り込まなくともいいんじゃないかなー。いい曲書く人なんだし、ストレートに踊れる楽曲を聴きたいんだぜー。と、ガッキーで釣られたニワカリスナーは思うんだぜ。

 

とにかくまぁ、ガッキーには生きるモチベーションもらったよ。

11月も持ちこたえられるであろう。

 

■待ってました

www.youtube.com

 

80年代のPVみたいなPVをブルーノ・マーズは何年も作ってるんだけど、今回はエレクトロファンク調の楽曲で下世話で最高でいい。

 

新作楽しみなんだ。