読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某月某日!!

日常のこと。音楽、本、散歩のことなど

雑記

扇風機がないと生きていけない体になってしまったんだ

 

ども、コバチヨです。

 

■テーブルで暮らす

 

死ぬまで座卓で食事をし、ラジオを聴きながらインスタントのコーヒーをすするもんだと思っていたのだけど、問屋はそう卸してくれなかったのであった。

晩年は、固定ポジションを与えられ、マイ座椅子を持てる婆さんになれるものだと思っていたのに、それさえも叶わず。。。

 

きっかけは、今の家に引っ越した時に購入した家具調コタツの高さがいまいち合わないのと、脚が角張っていて当たると骨に響くくらいに痛い+確実に3週間くらい残る脛や膝頭の青あざが嫌!という思いが6年の間にうず高く積もってしまったという事だ。

それに、座卓だと本やチラシなどが溜まると散らかった感じになるし、あんまり片付けようという気も起きないし、結構平気でいられるものだからそもままになってしまっていたんだ。

だけど、テーブルが置かれたら、テーブルの下に雑誌を置くなんて邪魔の骨頂だし、片づけざるを得ない状況になるからいいじゃないかというのもあった。

そんなわけで、”ちょうどいい”テーブルを探すべくショッピングモールやら家具屋やら行ってみたものの、結局、「無印良品週間」の”10%オフ”という殺し文句にはかなわず、無印でテーブルと椅子を購入したのだった。

 (ここらへんは庶民だよな、何かあったら家の近くの無印行けばいいんだもん)

 

そんなわけで、テーブル暮らしを始めて何日か経過したのだが、座ったり立ったりの動作が楽なのがいい。

子供の頃から足の感覚がなくなるまで正座したり、何かに没頭すると、あぐらをかく等、座卓に座るときは悉く足が悪くなる座り方だったのがテーブル暮らしでそのように座る事も無くなるのだから、ここ1年気になっている左膝の具合もこれでマシになればいいなと思っている。 

 

部屋が狭いので、リビングにテーブルがドーンと置いてあって、くつろげる雰囲気があんまり感じられないんだけど、今後、どのように暮らしに影響するかでテーブル暮らしを続けるか続けないかを改めて決断せざるを得ない事になるであろう。

 まぁ、何か変わることがあれば書くことになると思う。

 

あと愚痴になっちゃうんだけれども、無印でテーブルから発せられるホルムアルデヒドの臭いよ、なんとななんないかな。家にある窓全部開けていても時々、避難したい思いに駆られるんだ。。。メイド・イン・チャイナだから覚悟はしていたけど、まさかここまでとは思いもよらなかったんだ。

 

■ラジオ復活

 

去年の冬から諸事象でラジオを使うことができなかったのだけれども、やっとラジオでラジオ番組を聴くことのできる生活が戻った。

住んでる所が住んでる所なので、受信可能な放送局が、ニッポン放送1局のみで、ラジオNHK第1も入るには入るが、北朝鮮の妨害電波が強いせいか、滅多に入らない。

そんなわけで、入らないラジオ局が圧倒的に多いのでラジコとの併用になるのだけれども、ラジオが使えない間、ラジコでTBSラジオを主に聴いていた自分としては、今後どこまでニッポン放送を聴く時間が戻るのか正直わからない。

ただ、野球の知識は全くないのに気持ち的に安心するためだけに流しているナイター中継はニッポン放送じゃないとダメなんだ。

(ナイター中継のノイズが安心するんだ。何故か!)

私にとって、ラジオのナイター中継とはライナスの安心毛布みたいなものなのだ。

 

 とにかくまぁ、お気に入りのラジオでラジオ番組が聞くことができる生活が戻っていいな。いいよ。