読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某月某日!!

日常のこと。音楽、本、散歩のことなど

雑記

誰に揶揄されようと、〇〇詰め放題に挑戦する勇気が欲しい。

 

ども、コバチヨです。

 

■誕生日にあったニュースの事

store.universal-music.co.jp

 

SNSで噂されていた小沢健二さんの新作シングルが発売された。

「球体の奏でる音楽」のCDジャケットを意識したジャケット写真といい、全国紙の新聞広告といい、交友のあるタモリさんが司会を務める「ミュージックステーション」で新曲を演奏するなど、歌詞は歌詞で、意味深な言葉が散りばめられていて、深読みばかりさせやがって!!と往年のファンならニヤニヤされられたと思う。きっと小沢健二という人はツンデレな宣伝戦略だったり、本人が何をするかわからないというイメージ戦略も込みで評価された人だったと思うから、こんな素敵な復活劇を見事にやってのけたもんだ。まぁ、久しぶりに見たオザケンその人は、往年の王子様からは遠く離れて、休日の”なにわのギター借金取り”のギターの方みたくなってしまったけれど!!

 

新曲「流動体について」は、ストリングスが印象的な(アレンジは服部隆之さんだったのか!!)前向きな曲調で、歌詞の情報量が多すぎて、言葉を曲に乗せきれてない感じがオザケンらしさだなと思いました。歌詞については、飛行機で東京に帰って来た日の心象を描いただけなのか、ミュージックステーションで本人が対になる曲として一緒に演奏していた「僕らが旅に出る理由」への20年経過してからのアンサーソングなのか、自分のそれまでの人生を肯定するための歌なのか、いろいろ頭をよぎるけれど、色んな迷いの中を潜り抜けて、再びステージの上で歌うことを選んでくれてありがとう!と言うしかないよ。

サビの部分だけで判断してはいけないが、もし小沢健二というシンガーソングライターとしての復活の所信表明の歌だとしたら、滅茶苦茶かっこいいな。

 

シングルがリリースされて、足りない頭でいろいろ巡らせたけれど、オザケンの事をなんとか書きたかった。