読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某月某日!!

日常のこと。音楽、本、散歩のことなど

2017年のめあて

3連休さ。

 

ども、コバチヨです。

 

というわけで、今年のめあてです。

 

■外に不機嫌を見せる回数を今より減らす

 

子供のころから不機嫌がトレードマークのような人間なので、今更直しようがないけれど、なるべく減らせたらと思う。

なんで不機嫌なのかというと、自分で自分を肯定できないからなのかなと思う。

40年近く自分で自分を肯定することができなかったし、夢中になれる事に集中するしかないけれど、自己嫌悪からくる不機嫌な状態でいる時間を今よりも減らしたい。

人生において、自分はどこへ行っても嫌われ者だったけど、私が不機嫌だったから、人に不機嫌が伝わって、それが嫌悪感につながっていると、ようやく気付けるようになった。なにせ、不機嫌は人に感染するし、中には自分の不機嫌が伝わって嫌悪感へと悪化させてしまう人がいるんだから。

 

■雑談のできる人を探し回る、雑談がたくさん交わされる場に向かう

 

不機嫌を抱えて生きているような問題の人間であるし、人と話すのがとても苦手という事もあって、常時、雑談のできる人がいる状態は到底かないっこないだろう。

自分は雑談ができないし、自分から話を振るとか苦手だからだ。おまけに己の根本にあるのがユーモアではなくアイロニーの度合いが強い。正直人と話すのが怖い。

ただ、ハイキングとなると、皆非日常の世界にいるからなのか、結構フレンドリーだったりして、知らない人でも積極的に雑談をする人というのがいたりする。まぁ、年配の人が多いのだけれども。

自分もハイキングコースの分岐がわからず、困ってしまった時は、道行く人に誰彼構わず聞いてしまうし(命かかってますから)、日常では自然と出ない笑顔が自然と出てしまうのだからハイキングというのは不思議もんだ。ランニングハイというわけじゃないが、リズミカルに体を動かすというだけで、気持ちはハイになるものなのだろう。

そんなわけで、今年は、なるべくハイキングしようと思う。あと、なるべく街に出て雑談の交わされる場に出向いて、自分は雑談ができなくとも、誰かと雑談した気分になれるような時間を過ごせたらと思う。

 

■本を読む

 

毎年、めあてにしている事だ。

去年はしんどい読書をしたから、今年は気楽な読書がしたい。

気負って難しくてしんどい本なんか読まないで、池上彰さんの滅茶苦茶わかりやすい本とかお笑い芸人のエッセイとか好き勝手読みたい。

池上さんの本に関しては、現在「そうだったのか!アメリカ」を読んでいるんだけど、去年夏に読んだデヴィッド・ハルバースタム「ザ・フィフティーズ」で宗教の事だとか、人種差別の事だとか、自分が読んでいて気になったことをずばっと丁寧で明快に教えてくれる本で、池上さんたくさん本が出ても、テレビで特番をしょっちゅうやってもある程度の数字が期待できる理由がわかりました。読んでみないと実際にわからない事ってあるよね。

お笑い芸人のエッセイについては、もともとタレント本が好きな人間なのに、ここ10年我慢していたのだけれどもバシバシ読もうと思う。かつての日本文壇史の登場人物も破天荒だったけど、今はお笑い芸人だろうと、そんな気がするので。